TOKYO BALLET THEATER
 
SUMMARY OF MATSUDO BALLET SCHOOL
 
 松戸バレエ教室 教室のご紹介
 松戸駅から徒歩3分。 松戸で35年以上の実績を誇るお稽古場です。
沿    革 60年もの歴史をもつ東京バレエ劇場附属バレエ学校傘下のバレエ教室として昭和51年に松戸駅前に開設され、移転の後、現在では松戸市中心部で唯一の専用稽古場を持つ教室として百数十名の生徒さんが日々お稽古に励んでいます
設    備 占有稽古場広さ23坪
冷暖房/トイレ・洗面
更衣室完備

<所在地は「教室の所在地」
のページをご覧下さい>
教    師

田沼 万帆  MAHO TANUMA  <主宰>     日本バレエ協会会員

 赤土バレエ・アカデミーにて赤土幸子・幸雄に師事してバレエを始め、後、野川順子、榎本誠之介、横山はるひ等に師事。東京バレエ劇場バレエ団に入団し、同団公演の総てでソリストとして活躍。主なレパートリーとしては「白鳥の湖」のオデット、一幕パ・ド・トロワ、「眠れる森の美女」のオーロラ、フロリナ女王、「くるみ割り人形」の金米糖、雪の女王、「ジゼル」のジゼル、「コッペリア」のスワニルダのソリスト等がある。
 東京バレエ劇場バレエ団団員としてロシア国立ノボシビルスク・バレエ団と共演の他、ロイ・トバイアス(アメリカン・バレエ・シアター出身。バランチンの愛弟子で後に韓国ユニバーサル・バレエ団芸術監督等を歴任)、ジャック・カーター(ロンドン・フェスティバル・バレエ団:現イングリッシュ・ナショナル・バレエ団芸術監督)、ジェラード・シヴィリトゥ(元ロンドン・フェスティバル・バレエ団ファースト・ソリスト)、セルゲイ・クルプコ(ロシア国立ノボシビルスク・バレエ団芸術監督)等から直接指導を受け、その振付作品を数多く踊る。
 昭和61年より旧東京バレエ劇場附属松戸バレエ教室(当時は松戸駅東口のレンタル・スペースを週2日のみ借用して使用)の前任教師の引退に伴い本教室の専任教師に就任し、その後は本教室のオーナー兼主宰者として旧東口稽古場の2倍以上の広さを持つ現在の占有稽古場に移転し、数多くの後進の指導育成にあたる。

Maho Tanuma On Stage
Tokyo Ballet Theater Ballet Company
Don Quixote Bayadere
Grand Pas Classique Swan Lake
教 師 助 手

倉田 順子 Junko Kurata 

 田沼万帆に師事してバレエを始める。幼稚園の先生として勤
務するかたわら、エアロビクス・インストラクターとしても活躍し、
数多くの大会に出場した経歴を持つ。
 現在では主に幼児科と初めての初等科を中心に担当。
稽古場では幼い生徒たちから母親の様に慕われている。
指 導 方 針
 現在の日本のバレエ界は、プロを目指すには十代でのコンクール入賞、そして海外留学、といったパターンが定着した様に見受けられます。松戸バレエ教室ではもちろん生徒さんが皆、プロを目指して頂きたいと願って指導を行っていますが、コンクール挑戦にしろ、バレエ留学にしろ、そのためにはまずバレエを大好きになって頂くことが大前提と考えています。ですから小さな皆さんには、まず踊ることの楽しさ、喜びを全身で感じて頂くことを目標に、お稽古のカリキュラムや発表会の構成を考えて行っています。特に身体能力の低下が問題になっている最近のお子様には、無理に難しい技術に挑戦させるよりも、まずじっくり体を作り、鍛え、同時に踊ることが好きで好きでたまらなくなる事が難しいテクニックやヴァリエーションに挑戦した時、まるで砂に水がしみ込む様にそれらを吸収する最も近道と考えます。そして実力を十分培った皆さんには、より専門的な訓練を施し、夢の実現にむけて様々なよりハードな挑戦をして頂きます。一人でも多くのプロの舞台人がこの教室から巣立って行く事が、松戸バレエ教室の目標です。
 同時に舞台人は社会人としても立派な人格者でなければならない、というのも松戸バレエ教室の教育方針です。ですから学校では教えてもらえない礼節や他人への思いやり、女の子としての優しさ・マナーなども、小さな皆さんにはこの教室で是非身に付けて頂きたいと願っています。
 また、松戸バレエ教室ではより多くの皆さんにバレエを踊る魅力を知って頂きたく、大人になって初めてバレエを習う方も大歓迎です。最初の目的は何であれ、お歳は幾つであれ、やがて踊る事の楽しさに取り付かれてしまって頂ければ何よりと思い、そんなクラスも設けております。
 最初の内はレッスンや発表会への出演などを通して一歩一歩自分が上手になって行く進歩の喜びを感じることで、まずバレエが大好きになって頂くことがこの教室のポリシーです。
 そして例えばコンクールへの挑戦、合同公演への出演などを通して自分の力を客観的に確認しながら自己満足のバレエに終わらない、真のプロ・バレリーナが一人でも多くこの教室から育って頂きたいと願っています。
 
顧    問 松戸バレエ教室は以下の皆様を顧問にお迎えしております。<50音順>

金井 敬氏 (指揮者)
小林秀穂氏
(公益社団法人日本バレエ協会事務局主任/OFFICE K&A代表)
林 英子氏
(舞台衣裳デザイナー)
吉本 昇氏
(龍前照明・照明デザイナー)
組    織  松戸バレエ教室の上部組織である東京バレエ劇場は昭和30年代に榎本(川島)誠之介によって設立されました。、現在ではバレエ団活動の他、東京都、千葉県、埼玉県に約15ヶ所のバレエ教室を展開しており、全体では500名以上の生徒さんが学んでいます。
 東京バレエ劇場附属バレエ学校本校では、海外より優秀指導者を招聘してのクラスや、講習会を開催しており、松戸バレエ教室に入所された皆さんは、これらのレッスンも受講することができます。詳しくは教師にお問い合わせ下さい。

 東京バレエ劇場のホームページ

東京バレエ劇場バレエ団公演より

  Photo by STAFF TES
  Copyright:
  MATSUDO BALLET SCHOOL